消費者金融開設会社の比較サイト【消費者金融ステーション】

消費者金融で借り入れをした場合、信用情報の履歴についても考えておく必要があります。というのも、消費者金融で借り入れすると信用情報にその記録が一定期間残ることになるのです。それによって、思わぬところで影響を受ける可能性もあります。このあたりも十分に理解した上で、消費者金融で借り入れをおこなっていきましょう。

消費者金融を利用した場合の信用情報の記録

消費者金融で借入の申し込みをしたり、利用をしたりしや場合には、その記録が信用情報機関に一定期間残されることになります。具体的には申込情報や契約情報、返済情報、長期延滞、強制解約、債務整理といった記録が残されることになります。
それぞれでどれくらいの期間、記録が残るのかも違ってきます。申込情報の場合には最長で6ヶ月、契約情報の場合には解約から最長で5年、返済情報の場合には解約から最長で5年、長期延滞の場合には延滞解消後から最長で5年、強制解約の場合には強制解約の発生日から最長で5年、債務整理の場合には5年から最長で10年が目安になります。基本的に記録されたこれらの情報は記録期間が過ぎるまで、消えることはありません。

借入の履歴が残るからこそ考えるべきこと

消費者金融への申し込みや利用で記録が残ったとして、どのような影響が考えられるのでしょうか?例えばですが、住宅ローンなどの大きな金額を貸してもらうときに残っている記録によって審査が不利になる可能性もあります。特に、大きな金額を貸してもらう場合の審査はとてもシビアになってきますので、ちょっとした記録が命とりとなる可能性も否定できないのです。
借入の履歴が残っていると、それだけで「日常的に借り入れをしているのかも」「先々で他の借入をするかも」といった見られ方をすることになります。大きな金額をこれから貸そうかというタイミングで不利に働くのは、仕方のない部分もあるのです。
ただ、完済済みとなってくると印象も違ってきます。先々でマイホームのために住宅ローンなどを組む可能性がある場合には、早めに完済してしまって、契約を解約してしまうのがいいでしょう。

                   

消費者金融会社を徹底比較