消費者金融開設会社の比較サイト【消費者金融ステーション】

消費者金融の審査時間が短いことについてはご存知の方も多いでしょう。だからこそ、多くの消費者金融が最短で即日融資も可能と謳っているのです。ただ、審査時間が短いと審査そのものも雑だと思われがちです。ここでは、そういったところも含めて消費者金融の審査時間について改めて掘り下げていきたいと思います。

消費者金融の審査時間は短い

基本的に消費者金融の審査時間というのは、どこも短いです。大手の消費者金融であれば最短で15秒と謳っているところもあれば、最短30分と謳っているところも見受けられます。全体的には最短30分としているところが多い印象です。基本的な審査時間が短いので、仮に例外的に時間がかかったとしても翌営業日には結果を知ることができるでしょう。
ただ、注意しておきたいのが審査に対応している時間帯です。24時間いつでも申し込みはできるのですが、だからといって24時間常に審査をおこなっているわけではありません。審査に対応している時間帯はそれぞれの消費者金融によって違ってきますので、一応、申し込みをする前に確認しておいたほうがいいでしょう。

審査時間が短いからといって審査が雑なわけではない

「最短で15秒」「最短で30分」という文言を見ると、消費者金融の審査がひどく雑なものに思える方もいるかもしれません。ただ、審査にかかる時間が短いからといって審査が雑になっているわけではありません。審査が雑だからこそ、審査も緩いといった思い違いはしないようにしておきましょう。
なぜ審査に時間がかからないのかというと、基本的にはシステムを使うからです。人がひとつひとつの情報をアナログなやり方でチェックしていくわけではなく、システムを使っているからこそスピーディーな審査が可能になっているのです。人が積極的に動くのは、システムで判断が難しいところや申し込み内容の不備などがあるときくらいです。
それでいて、消費者金融というのは昔から多くの方に融資をしていますので、そのノウハウといったものが蓄積されています。ノウハウがあって、システムがあってこそあの審査時間が実現しているのです。時間が短くともきちんとした審査がおこなわれているということを忘れてはいけません。

                   

消費者金融会社を徹底比較