消費者金融開設会社の比較サイト【消費者金融ステーション】

消費者金融というと、最短で即日融資が可能といったイメージが強いかと思います。実際にそういった消費者金融がほとんどですし、消費者金融側もそれをストロングポイントとしてアピールしているものです。ただ、同じ借入でも銀行系カードローンになってくると最短即日融資というのはできないと言われています。ここでは、その理由について触れていきたいと思います。

消費者金融では最短即日融資ができる!

先でもお話しましたように、消費者金融では最短で即日融資ができるというところがほとんどですし、消費者金融側もそれをストロングポイントとしてアピールしています。消費者金融というのはお金に困ったときに頼るところですので、最短で即日融資が期待できるというのはかなり大きな魅力になってきます。
新型コロナウイルス感染拡大でたちまちの収入が減ってしまったのでひとまず消費者金融からの借入でカバーするということもできるでしょうし、お祝い事などでの出費が続いて生活費がピンチなので消費者金融からの借入でカバーするということもできるでしょう。「たちまち今すぐ必要」というときに消費者金融は便利なのです。

銀行系カードローンで最短即日融資ができない2つの理由

では、消費者金融では最短で即日融資が可能なのに、銀行系カードローンでは最短即日融資ができないのでしょうか?これには主に2つの理由があります。ひとつは総量規制の範囲を超える融資が問題になっていたこと、もうひとつは暴力団関係者への融資が問題として取りざたされたことです。言うまでもなく、どちらも大問題です。
銀行系カードローンまでもが最短即日融資に対応してしまうと多重債務者がどんどん増えていきますし、反社会的勢力に融資をおこなうなんて言語道断です。審査に慎重にならざるを得ないような状況になったからこそ、銀行系カードローンでは即日融資というものができなくなってしまったのです。
ただ、その一方で銀行も融資などで利益を出していかなければいけないので、即日融資は無理でもなるべく早めに融資ができるように努力はしています。即日融資にこだわらないのであれば、銀行系カードローンもひとつの選択肢です。

                   

消費者金融会社を徹底比較