消費者金融開設会社の比較サイト【消費者金融ステーション】

消費者金融での借り入れをする上で忘れてはいけないのが総量規制です。総量規制についてはテレビをはじめとした各種メディアでも取り上げられていましたので、ご存知の方も多いでしょう。ここでは、改めて消費者金融と総量規制についてお話していきたいと思います。

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融は総量規制の対象となっています。総量規制というのは、借入の総額を年収の3分の1以内に収めるという法律のことを指します。総量規制では借入の総額という部分がポイントになってきます。例えば、消費者金融以外にも総量規制の対象となるところから借り入れがあれば、それが合算された上での判断となるわけです。消費者金融だけで年収の3分の1以内に収まればいいというわけではないので、注意が必要です。
借入にも消費者金融、銀行系カードローン、クレジットカードのキャッシングといった形でいくつかの選択肢があります。このすべてが総量規制の対象のように思えるかもしれませんが、実は銀行系カードローンは総量規制の対象外となっています。このあたりも複雑なので、複数のところで借り入れをする可能性がある場合にはそれが総量規制の対象となるのかを確認しておきましょう。

総量規制は借り入れをする人を守るためのもの

本当にお金が必要で、自分の年収の3分の1以上の借入がほしいということもあるかもしれません。そういうときには総量規制というのは厄介に感じられるでしょうし、人によっては憎しみすら抱くこともあるかもしれません。ただ、総量規制というのは意地悪をしているわけではなく、あくまでも借り入れをする人を守るためのものなのです。
というのも、総量規制ができる前までは多くの方が多重債務の状態に陥っていました。返済能力を超えるような借入のせいで、多くの方か苦しんでいましたし、今でも苦しんでいる方は多いのです。そういった多重債務者をこれ以上増やさないように総量規制というものができたのです。
総量規制によって苦しむこともあるかもしれませんが、総量規制がないことによって背負う苦しみもあるのです。おそらく後者のほうが大変なことになってしまいます。だからこその総量規制なのです。

                   

消費者金融会社を徹底比較