消費者金融開設会社の比較サイト【消費者金融ステーション】

消費者金融を利用するのであれば、まずは審査に通過しなければいけません。その審査の際にはいろいろな情報がチェックされることになるのですが、その中でも在籍確認のことが気になっているという方も多いのではないでしょうか?ここでは、消費者金融での審査における在籍確認について触れていきたいと思います。

そもそも在籍確認とは?

そもそも在籍確認というのは、一体何なのでしょうか?在籍確認というのは、消費者金融での審査の最終段階として実施されるもので、簡単に言ってしまうと勤務先で本当に働いているのかどうかを確認することです。もちろん、実際に勤務先に誰かがやってくるというわけではなく、あくまでも電話での確認作業となります。
ただ、電話での確認の際に消費者金融の社名を名乗られてしまうと、勤務先で消費者金融の申し込みをしたことがバレてしまいます。それが怖くて申し込みができないという方もいるかもしれませんが、電話での在籍確認はきちんと配慮がなされています。
基本的には消費者金融の担当者が申込者の勤務先へ電話連絡を入れ、「○○さんはいらっしゃいますか?」という確認をするだけです。消費者金融の会社名を名乗ることはなく、個人名での連絡になりますので、消費者金融への申し込みをしたことが周りにバレてしまうこともほぼないのです。

在籍確認は回避できる場合もある

消費者金融の審査で在籍確認は必須と思われている部分もあるようなのですが、在籍確認は回避できる場合もあります。というのも、消費者金融によっては在籍確認の連絡を希望しない申込者に対して書類提出で在籍確認とするようなところもあるのです。ただ、これがすべての消費者金融でおこなっているわけではないので、どうしても在籍確認を回避したいという場合には電話での在籍確認以外の方法を用意してくれている消費者金融を探すようにしましょう。
在籍確認というのは消費者金融側の配慮もありますので、そう怖いものではありません。ただ、だからといって絶対にバレないとも言えないものです。バレたら仕方ないと受け入れるか、どうにかして在籍確認を回避するかは個人の自由です。

                   

消費者金融会社を徹底比較